【うつ病について学ぶ】仮面デプレッションは隠れたうつ病

サイトメニュー

仮面デプレッションの治療

病院内

うつ病の治療方法

身体的な症状によって、うつ病であることが隠されてしまう仮面デプレッションを治療するためには、うつ病の治療を行ないます。うつ病の治療は、抗うつ薬での薬物治療がメインとなってきます。うつ病の治療薬には、口の渇きや便秘、胃腸症状などの副作用がある薬もありますが、なかには比較的、副作用の少ない治療薬を採用しているクリニックもあるようです。抗うつ薬は、即効性のある薬ではなく、飲み続けることで少しづつ効果を発揮します。薬を飲んでいるから、といって無理をした生活を続けていては、薬の効果を得ることはできません。そのため、うつ病の治療には、休養も重要な治療になって来るのです。薬物治療や休養は仮面デプレッションを改善させるために、必要な治療方法です。脳やこころの疲れを減らして、エネルギーを消耗させすぎないようにします。また、仮面デプレッションを治療する上で、生活や行動のパターンを変えることも治療に繋がります。うつ病になりやすい性格の方は、治療の間に仕事が遅れてしまうと、症状が改善されたころに、焦って遅れた分を取り戻そうと、頑張りすぎてしまいます。そうすると、症状が悪化し、治療が振り出しに戻ってしまうこともあります。うつ病は、完治が難しい病気でもあります。症状が改善されたからといって、無理をしてしまうと再発してしまうこともあるのです。仮面デプレッションの再発を防ぐためにも、仕事や生活、行動のパターンを変える必要があります。仮面デプレッションは、発覚が遅れてしまいやすいうつ病です。うつ病の症状が重篤化してしまうと治療が難しくなります。思い当たる症状がある場合は、まずかかりつけ医に相談してみましょう。医師に相談することで、仮面デプレッションが見つかることも少なくはないのです。

早期発見のポイント

仮面デプレッションはうつ病なので、うつ病の初期症状ももちろん現れます。仮面デプレッションを早い段階で見つけるためには、このうつ病の初期症状を見逃さないことが重要です。例えば、以前はできていたような簡単な作業でもミスが増えたり、朝起きることができなくなったり、出勤がつらい、などです。このような症状は比較的早い段階で現れますが、このような症状は「怠けだ」などと感じてしまい、本人には病気の意識がありません。しかし、うつ病はこころの病気です。頑張りたくても頑張れなくなってしまい、最終的には、身体やこころが壊れてしまいます。自覚症状があるのならば早めにクリニックへ行くくことをおすすめします。また、ご家族やパートナーの方にこのような症状が現れている場合も、早めにクリニックを受診させましょう。ご家族やパートナーの方が気付いて治療が始まることも少なくはないのです。身体的な症状が前面に出る仮面デプレッションだからこそ、小さな変化に気付いてあげることが重要です。