【うつ病について学ぶ】仮面デプレッションは隠れたうつ病

サイトメニュー

仮面デプレッションの症状

悩む人

うつ病と仮面デプレッションの症状の違い:精神面

まず、一般的に知られているうつ病と仮面デプレッションに見られる症状の大きな違いについてです。一般的に知られているうつ病では、精神面での負担が大きくなる印象ですよね。抑うつ気分とされる状態が長く続き、何事に対してもやる気が出ない、生きていることに対する意欲が湧かない、趣味や楽しいことに対する喜びや興味がなくなる、いらいらする、不安感が強い、などの症状が想像できるかと思います。実は、仮面デプレッションにも、このような症状は見られます。抑うつ気分や不安感などの、精神的な症状もあるのです。しかし、仮面デプレッションは、一般的に知られているうつ病とは違って、このような精神面での症状はごく軽度になります。仮面デプレッションでは、精神面での症状よりも、身体的な症状の方が前面に出ます。そのため、なかなかうつ病であることに気付くことができないのです。仮面デプレッションの精神面での症状は、うつ病の症状が進行していくにつれて、抑うつ気分が悪化し、希死念慮や自殺願望が現れた時に初めてうつ病と分かることもあります。精神面の症状だけにとらわれていては、仮面デプレッションは、見抜くことができないのです。身体的な症状だけを見るのではなく、こころの状態や、精神的な症状はないか、一度向き合ってみましょう。軽度であれ、うつ病に当てはまる症状が出ている場合は、仮面デプレッションの可能性を疑いましょう。

うつ病と仮面デプレッションの症状の違い:身体的な症状

一般的に知られているうつ病にも、身体的な症状は見られることがあります。うつ病などが原因になって引きおこる身体的な不調は「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と言われています。不定愁訴とは、検査などをしても特に身体や臓器に異常がないにも関わらず、身体には不調が現れるさまざまな自覚症状のことを言います。痛みや不調を感じていても検査では異常が見つかりませんし、そもそも内臓が原因ではありませんので、内科的な治療や外科的な治療で、症状の改善は見込めません。不定愁訴は、一般的に知られているうつ病、そして仮面デプレッションにも表れる症状ではありますが、仮面デプレッションでは、この身体的な症状、不定愁訴が前面に出ます。一般的に知られているうつ病との違う点はここになります。身体的な症状が前面に出るため、精神的な症状に気付けなくなってしまうのです。不定愁訴の代表的な症状を挙げるのであれば、疲労感や倦怠感、食欲不振、めまい、睡眠障害、微熱や頭痛、腹痛、呼吸器系の不調、などさまざまあります。また、仮面デプレッションでは、このような症状が発生する部位が頻繁に変わることや、同時に症状が発生することも特徴として挙げられます。症状が頻繁に変わる場合は、症状をメモしておくことで、いつどの部位にどのような痛みや症状が出たかを医師に伝えやすくなります。