【うつ病について学ぶ】仮面デプレッションは隠れたうつ病

サイトメニュー

仮面デプレッションの発覚

女性

仮面デプレッションの特徴

身体的な症状を感じて内科を受診したが、原因どころか異常すら見つからない、となった場合、内科では、仮面デプレッションと似た症状である「自律神経失調症」と診断されることがあります。そして、そのまま自律神経失調症の治療を進めるかと思います。しかし、仮面デプレッションと自律神経失調症は、全くの別の病気になるので、その治療法では症状の改善は見込めません。仮面デプレッションに合った、うつ病の治療が必要なのです。仮面デプレッションの最大の特徴は「身体的な症状が前面に出るうつ病」というところにあります。身体的な症状が前面に出ると言っても、精神的な面での、抑うつ気分や、楽しいことや趣味への興味がなくなる、不安感が強い、などのうつ病特有の症状も現れているはずです。ですが、身体的な症状が前面に出る仮面デプレッションの診断は難しく、気付きにくいため、うつ病の症状がどんどん悪化していきやすくなります。だからこそ、身体だけではなく、こころの変化も見逃さず、医師にしっかりと伝えることが重要なのです。身体的な症状や精神的な症状を加味した上で、しっかりと診察が行なわれた時に、仮面デプレッションと診断されることがあります。仮面デプレッションの早期発見には、身体的な症状だけではなく、精神的な症状もしっかりと把握ていることが重要です。

仮面デプレッションを見つけるために

隠れたうつ病である仮面デプレッションを見つけるためには、自覚症状をしっかりと把握しておくことが重要です。身体的な症状がある場合「病院を受診しよう」と行動することは当然のことです。しかし、病院へ行って検査を受けても、身体自体には何の異常もなかった場合、別の原因を考える必要があるのです。身体的な症状が前面に出ているからといって、身体に問題があるとは限りません。不調を感じているのは本当に身体だけなのか、うつ病特有の不定愁訴や精神面での不調はないのか、今一度確認しましょう。うつ病は早期発見が回復へのカギになります。うつ病を放っておくことは、症状を悪化させ、回復への道を遠ざけてしまいます。それは、仮面デプレッションでも同じことなのです。気付きにくい症状だからこそ、病気を悪化させてしまう危険性があるのです。もし、今内科に通っているけれど、症状の改善が見られないことで悩んでいる方や、精神面での症状を感じているけど、医師に伝えていない、という方は、一度医師と相談することをおすすめします。そうすることで、仮面デプレッションを発見できるかもしれません。仮面デプレッションが発覚すると、正しい治療を行えるので、症状の改善にも近づくことができます。身体的な症状、精神的な症状ともに医師に伝えましょう。